アジアにミーちゃん・ハーちゃん

台湾・香港・韓国・・・ジェイ・チョウにツボ!な毎日を日記に残していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

45歳には見えない

そ~いやぁ、ジェイ武道館の興奮が冷めやらずの、先々週に、韓ドラ好きの友・Hちゃんと

映画「ラスト・コーション」を見に行く約束だったので、ヨレヨレの体で行って来たのであった。

Hちゃんとは、前回、「傷だらけの男たち」を見に行って、武ちゃん最高♪トニー最高♪と、

満足した記憶がありますな。で、今回もトニーを一緒に見に行く事にしていた。

平日の午前中に行ったのだが、レディースdayだからか・・・結構な人です。

近いとこでは、元町のシネ・リーブル神戸でしか上映されてなかった・・・。いつも思うんだが、

ここって、狭いのよねぇ~こじんまりしていて、好きって人もいるが~

座席が前の方しか、空いてない・・・前から3列目・・・^^ジェイのコンサの席がここだったら

かぶりつきやん~いつか当たりますように!

   ラスト1  <ストーリー>映画の舞台は、日本軍統治下にある

   1940年の上海・香港。トニー演じる政府の権力者イーは、若く美しい人妻の

   タン・ウェイ演じるワン・チアチーに恋をするが、彼女はレジスタンス組織が送り

   込んだスパイだった。何も知らないイーは、彼女との関係にのめり込んでゆく~

   そして、時代の大きなうねりの中へ、流されてゆく。   

    *「ラスト・コーション」のラスト(LUST)は、情欲の意味。              

見終えた後、二人で「重いねぇ~~~」と・・・。愛を表現するのは、とても重く

そして深いものだったなぁ~と。このアン・リー監督の心理描写(男女の感情の揺れ)

は、見事だったとしか、言えない。

そして、新人とは思えない!何ともいえない存在感のタン・ウェイ。すごく、惹きつけられました。

少女から成熟した大人のオンナへ、変わってゆくさまは、おおぉぉぉ~女優魂!

 

トニーは、雑誌のインタビューで「45歳ですが、そうは見えないと監督に言われ、

中年役の老けメイクをした。」とありました。そうだよねぇ。いつもの感じのトニーじゃ

なかったくらい、オッチャンだったもの^^

続けて、「傷付きやすい男を演じるのに、ちょっと飽きてしまったんだ。←きっと、

<花様年華>・<2046>の役の事かい!? 「今まで男性的な役を演じた事が

なかったから、これは、いいチャンスだと思った」とも~意欲的ですよね。

 

とにかく、映画館で見るべき作品だ~と、思いながらエンドロールが終っても、

なかなか座席を立てずにいた、我たち二人。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://michanhachan.blog88.fc2.com/tb.php/59-370f05ca

 | HOME | 

ジェイが大好き♪

  じぇい5
  たまに、台湾明星や韓国イケメンに、フラ~ッとなりますが、ミーハーなもので♪

ラブリー時計

最近の記事

中華エンタメ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブログランキング

最新アルバム♪ノリノリだけど切なくもある

シャイな若きジェイが、楽しめる♪

これ!いかが?

ジェイをお探しなら~

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

おすすめサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。